職場の同僚にバレずにお金を借りたい!

 
「在籍確認」の審査を電話以外の方法で行うことは可能?

 

 

カードローンやキャッシングを利用するにはまず審査があります。
そこで重要なのが「在籍確認」の審査です。

 

この在籍確認の電話連絡を回避する方法があるんです!

 

在籍確認の審査は必ず行われます・・・。
何故なら消費者金融を利用する上での条件が、「一定の安定した収入があること」なので、働いて毎月の収入があることが前提となります。

 

もちろん無職ではお金を借りることはできません。

 

働いていることを証明する方法として手っ取り早いのが「電話での在籍確認」になります。

 

とはいえ、働いている事を証明するのに、消費者金融から職場に電話がかかってくるのは不安です。

 

お金に困っているとを周囲に知られたくはありません。

 

職場にかかってくる電話を回避できれば周囲にバレないので安心です!

電話以外の在籍確認の方法とは?

 

ずばり、証明書類の提示です!

申込みの際に申告した勤務先で働いている事を証明できる書類を用意すればOK!

・ 有効な証明書は?

 

・ 収入証明書
・ 健康保険証
・ 社員証
または、
・ 源泉徴収
・ 給与明細
・ 確定申告
など。

証明書に勤務先名が記しているものがベストです。そうでない方でも複数用意できると配慮してくれます。

電話なしをリクエストするタイミングは?

 

申込みを完了した後、審査に入る前に、消費者金融の担当者に伝える必要があります。

 

パソコンまたはスマートフォンから公式サイトに申し込み欄があります。そちらに申し込みされる本人の情報、勤務先、そして収入などをすべて入力が終わり、送信をクリックすれば、担当者から連絡が入ります。

 

連絡は本人確認と借入れ確認のためです。その説明を受けた後、このタイミングで「職場への電話確認が困る」事について相談しましょう。

 

・ なぜ審査の前に伝えるべきなのでしょうか?
在籍確認の電話なしを希望しても、必ずしも回避となるわけではありません。審査の内容によっては、電話連絡が避けられない場合があるからです。

 

とはいえ、間違いなく働いていれば問題なく回避の可能性は充分にあります。
ただ、過去に金融を利用していたり、クレジットカードのキャッシング枠の利用があったり、携帯電話の支払いに遅延があったりした場合は審査に若干時間がかかり、職場への電話連絡を必ず行なわなければならなくなります。それには審査の過程で過去の利用履歴を調べる「信用情報機関」が関わってきます。これに関してはまた後で説明します。n>

 

そもそも在籍確認でかかってくる電話の内容は?

 

実のところ、在籍を確かめるための電話に関して不安を抱いている方の多くは、電話連絡が消費者金融を名乗ってかけてくると勘違いされています。

 

消費者金融側も、お客様のプライバシーに配慮しますので、勤務先の第3者にバレるような事は決して行わないので安心です。

・ では具体的には?

 

・ 担当者の個人名で連絡をします。
・ 申込みされたお客様を呼び出してもらいます。
・ それだけで在籍確認の審査は完了です。

 

・ 本人不在の場合は、

 

・ 不在を伝えられた時点で審査通過です。
・ 同僚の方に勤務態度など聞き出す事はありません

 

・ 本人電話対応の場合は、

 

・ 本人確認のため簡単な質問をします。
・ 電話で審査が終わり契約と伝えられます。

在籍の有無を確かめるための審査なので、電話対応してくれた同僚の方に、お客様の情報を聞き出すようなことはありません。

 

もし、外部からの電話に出ることが出来ない職場だったらどうなるのでしょうか?

その場合は、在籍を確かめることができなかったということで、残念ながら審査に落ちたことになります。そうならないためにはどうしたら良いかというと、在籍確認の電話を他の方法に変更してもらうのが良いです。

 

家族にバレずに消費者金融でキャッシングできる?

 
家族に知られずにカードローンを利用したいと考える方も多いです。

 

例えば、奥さんに内緒でお金を借りたいという方、例えば、旦那さんに知られずにキャッシングをしたいという主婦の方。

 

消費者金融を利用する方の多くは、少額キャッシングになります。「生活費の足し」というパターンが多く、そういう方はちょっと借りてすぐに返済するだけだから、家族に相談するまでもないだろう、という感覚で利用されます。

 

なので、家族に確実にバレない消費者金融を選びたいという気持ちは強いです。

 

家族にバレないための方法とは?

 

郵便物をなしにできます!

実は消費者金融のサービスとして「郵便物なし」「電話連絡なし」にできるんです。

 

郵便物として消費者金融から届く月々の利用明細書は、通常では毎月自宅に届けられます。最初の段階でも契約書とカードは自宅に届けられるのが一般的です。

 

ですが、郵便物なしの希望を伝えれば、一切自宅に届く事はないので安心です。

 

月々の利用明細を見るためには、パソコンやスマートフォンなどインターネットで確認できるので問題ありません。公式サイトにログインしてご自分の情報を閲覧する事ができます。これは契約書も同じです。

 

また、カードがなくてもインターネットを利用してお金の引き出しや返済ができます。カードも無人店舗で受け取ることができるので、契約後に自分の都合の良いタイミングで受け取りに行くのが良いでしょう。

 

カードレスで利用できる消費者金融もあります。カードを持つ選択もできますが、カードなしを選ぶメリットとしてはカードが送られてくる事もないですし、カードを誰かに見られる事も、カードを紛失する事もありません。

自宅への電話なしも可能です!

必要な連絡は、ご利用本人の携帯電話、またはメールに届きますので、ご自宅の固定電話にかかってくる事は無いので安心です。

 

最近ではご自宅に固定電話を持たない方も増えてきています。その辺は消費者金融側も把握しているようで、申込みの際に自宅の電話を入力する必要が無いところもあります。

 

 

 

在籍確認についてより詳しく

 

消費者金融に申し込みをすれば、審査は必ず行われますが、特に重要なのが在籍確認の審査です。申し込み時に入力した勤務先に間違いなく在籍しているかを確かめるための審査ですが、ほとんどの場合、在籍確認の審査で行われる方法は勤務先への直接の電話連絡になります。

 

この電話連絡という方法に不安を感じる方は多いです。職場にかかってくる電話に自分が対応できない事はどんな方も同じだと思います。職場の誰かが電話に出てしまう事で、消費者金融からの電話だと知られてしまうと、お金を借りようとしている事がバレてしまい、お金に困っているという印象になってしまうのは最も避けたい事です。

 

ですが、アコムやプロミス、モビットなどの大手を含む多くの消費者金融では、在籍確認などの審査の際にお客様のプライバシーに配慮してくれるので安心して良いです。守秘義務があるので第三者に決して漏らすような事はありません。消費者金融を利用するのは誰にも知られたくないという方が多い事は消費者金融側も把握している事です。では、その配慮の中身を紹介します。

 

在籍を確かめる審査方法は主に電話連絡になります。最も確実な方法と言えます。何もリクエストしない限り、会社に電話がかかってくる事は間違いないです。

 

まず、勤務先に在籍しているかを確かめる電話で配慮があります。それは消費者金融を名乗って電話をかけてくる事は決してありません。実はこの電話の内容を誤解している方は多いようです。担当者の個人名でかけてくる電話なので、周囲にバレるような事はありません。普通に仕事での連絡が入ったと周囲は思うでしょう。

 

ですが、お願いすれば電話以外の方法を提案してくれる事もあり得ます。これがもうひとつの配慮です。勤務先の事情により在籍確認の電話は困るという方にはとても助かります。それが証明書類の提示なのです。ですがこの代替案はすべての人が受けられるサービスではありません。審査の内容によっては電話がかかってくる事は避けられないかもしれません。とはいえ、勤続年数がある程度あり、年収も平均かそれ以上で、過去に金融トラブルもなく、他社からの借り入れも無いのであれば、審査の内容に問題はないと判断されるので、在籍を確かめる方法として電話以外も配慮してくれるかもしれません。

 

そもそも在籍を確かめる理由はなんでしょうか?

 

アコム、プロミス、そしてモビットもそうですが、カードローンの利用条件としてあるのは、「安定した一定の収入がある事」になります。つまり働いていて毎月給料を受け取っている事が消費者金融の利用条件となる訳です。それを確かめるために在籍確認の審査が重要になります。

 

働いている事を確かめることになりますが、大事なのは今現在、勤務先で間違いなく所属しているかどうかです。会社を辞めたばかりで生活費が足りないという方もいらっしゃいますが、辞めてからひと月も経っていないと言っても、それは無職と同じです。在籍していなければ、やはり借りる事はできません。内定が決まっていたり、転職先が決まっていて、もらう予定の給与の金額も決まっていても、やはり現在は無職ということになりキャッシングはできません。そのために在籍確認の電話連絡審査があるんです。

 

ちなみに、この一定の収入というのは、あまり上下変動しない額の収入という事なので、年俸や月給なら一定していますが、時給はちょっと違ってきますが、それでも大きく変動する事がないようなら構わない訳です。ただ職種によっては月毎に収入が変わってくる場合もあるかもしれませんが、そういう時は担当者に相談してみると良いでしょう。

 

在籍確認を消費者金融側が最も重要視する理由は、返済の確実性です。分割での返済がほとんどなので、遅れる可能性があるような方にはお金を貸す事はできません。ですので、毎月の収入が重要になる訳です。確実に返済できるのは月々の収入に余裕があってこそです。

 

また、この在籍確認の審査がとても大事なのは、無職の人でも申し込んでくる事があるという理由もあります。以前に比べると少なくなりましたが、無職で収入がないのに消費者金融に申し込んできます。収入がなければお金を貸す事は決してありません。会社に属していないことは、在籍確認の審査ですぐにわかります。在籍していないのに、申し込み時に勤務先を記入することはすぐにバレてしまいます。そういう理由で在籍確認の電話連絡は最も効果的な方法と言えます。